Skip to main content

韓医学がんクリニック

がんの要因:免疫低下

韓医学では発癌性の物質や他のガン誘発因子の代わりに弱くなった免疫力がもっとも重要ながんの原因とされています。


がん治療における韓医学と西洋医学の相違点

がん治療における韓医学と西洋医学の相違点
  西洋医学 韓医学
がんの主要原因 外的な発がん要因 免疫力低下
治療の焦点 直接的ながん細胞除去 免疫力増強
がん細胞除去
問題点 副作用と免疫力低下 不完全ながん細胞除去
解決法 韓医学と西洋医学の統合は副作用とがん転移の緩和そして免疫力と抗がん作用の増強につながる

韓医学のがん治療

韓医学のがん治療
治療分類 治療方法 使用段階
扶正法 「がん」またはがん治療により低下した免疫力を高める 抗がんの副作用が強いか、がんによる疲労が激しい場合
袪邪法 直接がん細胞を抑え、また血液の供給を遮る 韓医学だけに頼る場合
扶正袪邪法 もっともよく使われている方法で、患者さんの状態に応じて韓薬を使い免疫力を高め、腫瘍細胞を抑える。 他の抗がん剤治療は受けないで転移と再発を予防する場合

韓医学と西洋医学併用療法の目標

韓医学と西洋医学併用療法の際に韓医学の目標

韓医学と西洋医学併用療法の目標
  治療前 治療中 治療後
手術 術後回復強化   残存がん細胞の除去 転移と再発防止
化学療法 副作用軽減 副作用軽減 免疫力強化 残存がん細胞の除去 転移と再発防止
放射線療法 治療効果増強 治療効果増強 副作用軽減 残存がん細胞の除去 転移と再発防止

韓医学と西洋医学併用療法の強み

韓医学と西洋医学併用療法は副作用軽減、免疫力増強、抗がん剤治療を続けられるようにする、抗がん剤治療の効果を高める、生存率を高める、生存期間を延長させる、生活の質を維持させる、転移と再発を抑制するなどの効果が期待される。


転移と再発防御のための韓医学

東西がんセンターで開発されました抗がんプラスと免疫プラスは血管新生抑制と免疫抑制による転移と再発を押さえる働きをする。


韓医学治療の適時

早期にがん診断を受け、完全に除去されたとしても、定期検査において突然の再発と転移が偶々観察されています。がん診断から初めの五年間は積極的に管理を受けることを進めています。再発と転移を最小限に押さえるためには少なくとも一年間の治療と三年間の積極的な簡易学的な治療が求められます。


韓医学治療の適応症

手術、化学療法、放射線療法を終え、再発と転移の予防策を求めている患者

放射線療法や様々な抗がん剤治療から起る副作用で苦しむ患者

放射線療法や様々な抗がん剤治療を受けるには虚弱すぎるまたは年の多い患者

効果的な治療を受けられない、それ以上生存期間延長の期待できない末期がん患者


がんの予防

健康でバランスのとれた食物療法を行う

緑黄色野菜、果物、全粒穀物からの食物繊維を取る

過食せず、脂肪摂取を減らす

自分の体調に合わせ適度な運動をする


がん治療におけるダイエット療法

慎重に行われる食物療法は患者にとって役に立ちますが、多くは適切に行われていません。手術後の患者は数週間は流動食にしなければならない。放射線療法を受けている患者は激しい熱による脱水状態に落ちているため熱く、辛い物、煙草、お酒は避けるべきです。


韓医学の安全性

韓医学の薬は肝臓と腎臓に悪影響を与えると思われる人々がいます。東西を問わず大体の薬は肝臓と腎臓に相当なストレスを負わせます。東西がんセンターで提供される薬は安全性検査を受けた天然生薬からつくられております。


がん患者における免疫力を高めるライフスタイル

怒りをコントロールし自分の感情を素直に表す

肯定的な考えで疾病を克服する

自分の疾病に関心を持ちできるだけ多くの情報を集める

気楽に主治医にかかる

〒302-869 韓国大田広域市西区大徳大路176、75
TEL+82-42-470-9132, 9134FAX+82-42-470-9006
© 2015 EWCC. All Rights Reserved.