Skip to main content

ホイールバランス療法

ホイールバランス療法

ホイールバランス療法は「がん」と「体」をともに治療します。

ホイールバランス療法は東洋医学、ヘルシーな抗がん食物療法、代謝増加、そして瞑想を含む統合がん治療法でございます。自然治癒力の強化によるホイールバランス療法は西洋医学て的な治療とともに副作用の軽減、生活の質を向上、転移防止に働き掛けます。


東西結合がん治療

東西結合がん治療の長所

  1. 西洋医学の周期的な化学療法および放射線療法を無事に受け終わらせるに役立つ。
  2. 様々な副作用を軽減する。
  3. 免疫機能を高める。
  4. 化学療法および放射線療法の効果を高める。
  5. 転移および再発の防止に役立つ。

抗血管新生、抗転移療法

がん治療における韓医学と西洋医学の相違点
薬物 主要作用 基本的な効果 総合的な効果
抗がんプラス 抗血管新生 免疫機能改善 抗腫瘍効果、転移および再発抑制
免疫プラス 免疫システム改善

がん休眠療法

がんを眠らせるがん休眠療法

がんの縮小が生存期間の延長とは結び付きません。

休眠状態の延長は生存期間の延長を可能にします。

がん休眠療法は一時的な腫瘍の縮小療法に比べ生存期間を伸ばします。

〒302-869 韓国大田広域市西区大徳大路176、75
TEL+82-42-470-9132, 9134FAX+82-42-470-9006
© 2015 EWCC. All Rights Reserved.